ロシアのアネクドート傑作集から その1

 
 
  ロシア人は酒の席になると「おい、何か新しいアネクドート知らないか?」と始まる。
 アネクドートとは、酒の席で話すロシア人の小話である。

その1

 母親が息子に「どうしてあんたびしょ濡れなの?」
 「友達と犬遊びをしたんだもん。」
 「で?」
 「僕、木の役だったんだ。」

その2

 「服を脱いで。」医者が年配の婦人に言った。
 「いいわよ、でもあなたが先。」

その3

 「旦那と別れるって本当かい?」
 「本当よ。」
 「だったらいい弁護士を紹介するけど。」
 「ありがとう。でももう一流のエンジニアを見つけたの。」





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック