2018年渓流釣り場の下見 その1

 関川村を流れる女川やその支流の藤沢川は荒川本流の支流で、荒川でのイワナ・ヤマメの解禁は毎年4月1日からである。

 以前は別の川で3月解禁に合わせて釣行に出ていたが、積雪やスギ花粉に悩まされたりしていい思い出もないので、僕の渓流釣りの解禁はここ数年は4月1日である。

 解禁前の事前下見ということで、このところ3月下旬になると釣り場視察ということで、関川村の女川や藤沢川に出かけている。

画像


 今年の豊漁を願うためや安全祈願のために、ここ数年釣り場視察の度ごとに、この関川村女川地区にある光兎神社に立ち寄っている。

画像


 古色を帯びた注連縄をくぐりぬけて、時代を感じさせる重厚な戸を開けると、そこに光兎様が鎮座している。

画像


 コンビニで買った間食用の菓子類のお釣り(金額の大小でこの神様はご利益を変えないと僕は信じている。)を賽銭箱に入れ、今年の豊漁と安全祈願を光兎様にお願いした。

画像


 光兎神社の前の女川の河原は、まだまだ残雪で埋もれていて、例年より今年のこの辺りの春は遅いようである。

画像


 女川と藤沢川の合流地点に行ってみたが、ここもまだまだ残雪が深く残っていて、ここも「名のみの春」のようである。

 去年全くヤマメの姿が見えなかった自車の向こうの「たろうさん淵」には、今年は良型のヤマメが居ついてくれるだろうか。

画像


 去年納竿の日に、飲み残しの安ウィスキーを川に注いで1年の感謝を示した小和田集落の前の女川も、雪代の増水のために水量と流れの勢いが強く、まだまだここで釣りはできない状況である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック