探険家の歴史 第2部最終章 ナイル河の旅 その7 神々の地「エチオピアにて」

画像


音楽あり、↓クリックです!!
http://nicoviewer.net/sm9877405

画像

 クリスマスの巡礼 ラリベラ(野町和嘉写真集より)

 
 青ナイル川(あおナイルがわ、英語:Blue Nile、アラビア語:النيل الأزرق(an-Nīl al-Āzraq))は、エチオピアのタナ湖に源を発する川で、スーダンのハルツームで白ナイル川と合流する。

画像

   タナ湖からハルツームまで流れる青ナイル↑
     

 白ナイル川とともに、ナイル川の主流となっている。

 名前の由来は一年の大半において、水が白ナイル川の(灰色に濁った)水よりも透明に見えることからという。
 青ナイルが白ナイルと合流するまでの長さは、1460kmとか1600kmなどと様々な報告例があるが、青ナイル川がエチオピア高原を1500mも削り取り、その渓谷の谷底を流れていることなどのため、現在でも正確な長さが測れないでいる。

 流量は6月から9月の雨季に最大量に達し、その時には(合流後の)ナイル川の水の約3分の2を供給、同じくエチオピア高原から流れ出し、後に合流する支流であるアトバラ川を加えると、ナイル川の水の90%にまで達する。
 
画像

   雨季の青ナイルの滝↑

 雨期にエチオピア高原から流れ出た堆積物の割合は96%、アスワン・ハイ・ダムが建設されるまで青ナイルは、ナイル川の洪水を引き起こす原因であり、またそれが古代エジプトの繁栄の元となった。

 ヨーロッパ人で初めて青ナイル川をタナ湖からナイルデルタまで探検したのは、スコットランドの探検家ジェームズ・ブルース(1730年-1794年)で、1770年代のことである。
  
画像

   ジェームズ・ブルース↑

 彼は身長が190cmもあり、ゲーズ語、アラビア語など11か国語を自由に操り、北アフリカ地域を12年以上旅行し、その間に青ナイル川を源流から下ってナイル川を踏破した。
 彼の著書、"Travels to Discover the Source of the Nile"(ナイル川の源流を発見するための旅)にはその旅の行程が詳しく紹介されている。

青ナイルの母国エチオピアは、また不思議の国でもある。

画像

   青ナイルの夕日↑

 牧師の家に生まれ、牧師となる人生を歩み始めている神戸在住の友人が、中学時代のテニスの練習の合間に、旧約聖書の一節に登場するシバの女王の国のことを話してくれたことがあった。(旧約聖書以外に、シバの女王の国を記載した書物は皆無という。)
 それは邪馬台国の謎にも似たもので、イスラエルのソロモン王とのラブロマンスで有名な、女王に統治されたシバ王国が、実際にはどこに存在したのかというものだった。

 アラビア半島のイエメンのマーリブにあったというのが一番有力な学説(僕の友人もシバ王国マーリブ説である。)だが、その他にもエチオピア正教徒全員が信じている、シバの女王の国はエチオピアのアクスムにあったという学説がある。
 他にも学説はあるが、有力なものはこの二つ。

 今回の旅では、シバ王国に憧れイエメンのマーリブへの旅を計画している牧師の友人の代わりに、同じくシバ王国があった地とされているエチオピアのアクスムに立寄った。

画像

   アクスム王国の墓の跡、今は公園となっている。↑

 シバの女王の国があったとされる国で、彼の代わりに、イエメン産ではなく、エチオピア産の飛び切り上等なモカコーヒーを飲むのが、僕の今回の旅の一つの大きな目的となった。

 ところで、シバ王国があったとされるアクスムには、モーゼの十戒の書かれた石板を納めた「契約の箱(聖櫃)」もあるという。
 
画像

   インディ・ジョーンズでの「契約の箱(聖櫃)」↑

 聖櫃への誘いとして必見の、インディ・ジョーンズの冒険のNO.I「レイダーズ、失われた聖櫃(せいひつ)」は、聖櫃の行方を学問的に調査していた考古学者のインディと、聖櫃の計り知れないパワーを利用し世界制覇をもくろむナチスが、エジプトの古都タニスの大掛かりな発掘現場で聖櫃発掘の先陣争いをするというストーリー。(スピルバーグはアクスムに聖櫃があるとはしていない。)
 
画像

   タニスでナチスに捕えられたインディとマリオン↑ 

 「聖櫃」はアクスムにあるとしているのは、グラハム・ハンコックとエチオピア正教徒全員である。
 
画像

  グラハム・ハンコック↑

 グラハム・ハンコックはジャーナリストから出発したイギリス人ベストセラー作家で、彼の成功は、失われた「契約の箱(聖櫃)」の行方と神秘を壮大なスケールで調査した『神の刻印』の出版がきっかけだった。
 1992年にグラハム・ハンコックが著書『神の刻印』で発表したところによると、「聖櫃」は1000年以上前からここエチオピアのマリアシオン聖堂に納められているという。
 
画像

   マリアシオン聖堂↑

 「聖櫃」がここにある経緯だが、旧約聖書の列王記によると、紀元前10世紀頃、シバの女王がソロモンの知恵を噂で伝え聞き、自身の抱える悩みを解決するために、遠方のシバ王国からエルサレムのソロモン王の元を訪れた。

 エジプト型中央集権統治と多民族的国家を成立させ、イスラエルに古今未曽有の繁栄をもたらし、いわゆる「ソロモンの栄華=異教的宮廷文化」を享受した黄金時代の出来事である。(7年をかけ建設されたソロモン王の大神殿に、聖櫃は安置されていた。)
 その来訪には大勢の随員を伴い、大量の金や宝石、乳香などの香料、白檀などを寄贈したとされる。
  
画像

   神に捧げるための香料として用いられた樹脂「乳香」↑

 やがて女王とソロモンは恋に落ち、女王は身籠ってシバ(旧約聖書の記載はないが、ここではシバはエチオピアにあったとする。)に戻った。

 二人の間に生まれたメネリクは十数年後エルサレムを訪問し、エチオピアに戻るときにソロモンから聖櫃を貰い、持ち帰った。
 その後、幾多の紆余曲折を経て、聖櫃はアクスムのマリアシオン聖堂に安置されている。(もちろん、聖櫃の行方には様々な説があり、エジプト王シシャクの略奪によるタニス説(在エジプト)、バビロン捕囚の際にバビロニア人が持って行ったとする説(在イラク)、中世テンプル騎士団が発掘したとする説(在ヨーロッパ)、ナチスから米軍が奪い去ったとする説(在アメリカ)、今もイスラエルにあるとする説(在イスラエル)、など。)
   
画像


 聖櫃を守るのはたった一人の修道士、彼だけが真実を知っている。 彼はこの仕事のため、数十年風呂に入っていないので、臭かった。↑

 グラハム・ハンコック説は、小説家ゆえの推理から出た想像がかなりあり、ほとんどの学者からは信ぴょう性がないと酷評されているが、エチオピア人の半数以上を占めるエチオピア正教徒の方々には、ハンコック説は聖櫃にも値する価値のあるものとなっている。
 アクスムには聖櫃安置の教会も、シバの女王の浴槽や彼女の王宮もあった。(旧約聖書そのものの世界が、ここには確かに存在していた。)
  
画像

   シバの女王の浴槽とされている場所ですが、ほんと?・・・↑
 
画像


 王宮跡、前世紀にフランスの考古学チームが発見。なぜか大々的に発表されていない。何か理由が・・・・↑



 エチオピア高原の北東部標高2,630mの地に、一枚岩を掘り下げて築かれた11もの教会が残る、人口約15,000人程の村がある。
  
画像

   ラリベラの村、ここに都がかってあった・・・↑

 第2のエルサルムとして建設されたラリベラの都である。
 ソロモン王とシバの女王との間に生まれたメネリク1世(紀元前1000年頃)によって創設されたといわれるアクスム王朝は、7世紀ごろから勢力を伸ばしたイスラム軍のため、10世紀までには領土のすべてを失った。
 1130年代に、新しいキリスト教を信奉するザグエ家が興り、ロハ(現在のラリベラ)をその首都とし、ザグエ王朝を築いた。
  
画像

   ラリベラの民家、王朝の末裔たちの住居・・↑

 ザグエ王朝7代目のラリベラ王は、エルサレムへの道がイスラム教徒に占領され、巡礼が困難になったため、この地にエルサレムを模し、岩をくりぬいて第2のエルサレムを建設した。これが現在世界遺産となっている、ラリベラの岩石教会群である。
 
画像


  有名な十字架型の教会、セント・ギョルギス、テンプル騎士団が創ったという説も・・・・↑
 
画像

   中はこんな・・凄い、圧倒された・・・・ ↑


 
 第2のエルサレムとして築かれたラリベラの聖地には、聖書に描かれたさまざまな場面が再現されている。
 キリストが誕生したベツレヘムの馬小屋、キリストが洗礼を受けたことを示す岩の十字架が河岸に建つヨルダン川、キリストが捕らえられ昇天したとされるオリーブ山やゴルゴダの丘など。

 実際のヨルダン川だが、乾期には水はほとんどなく、巡礼者やそのまま居ついた浮浪者の排泄物が辺り構わずうず高く堆積しており、異様な臭気を撒き散らせていた。
 聖地ではあるが、巡礼者から身を落としこの地に住みついた浮浪者や乞食の群れがどこの教会の近くにも居り、キリストの加護がこの人々にどのような形で届いているのか不思議に思えた。
 
画像

   一見乞食のようだが、巡礼の人々・・・ほとんど変わりはない。↑ 

 しかし、ここでのキリスト教は、神の名によって先住民とその文化を駆逐して世界制覇を成し遂げたヨーロッパのキリスト教とは明確に異なる。

 「人間はちっぽけな存在で神の計画に参加しようなどというのは傲慢、人間は何もしないで教会が定めた祭日を守ってただ神を賛美していればいい。祭日は1年に360日あるので、結果として、真面目な教徒は月に10日くらい働き、不真面目な教徒が月に20日くらい働くということになる。」これが、エチオピア正教の本質であり、物質的な貧しさの源泉となっている。

 ただ偉大な聖櫃の力は、イスラムやヨーロッパ列強の侵略を許さず、エチオピアの民のために、物質的には貧しいが、考えようでは豊かな社会を永遠に与え続けて来たようにも思える。(子ども達の表情は底抜けに明るく、シバの女王の末裔としての誇りがあった。)
  
画像
 

 ここでシバの女王からの問題です。

 シバの女王の末裔達の国「エチオピア」の記述で間違っているものは何番ですか。番号でお答えください。(難しいかな?)

① インジェラというクレープ状のものが主食である。
② モカ・マタリという有名コーヒーブランドがある。
③ アベベ・ビキラというマラソンランナーの祖国である。
④ ハイレ・セラシエ皇帝が長い間支配していた国である。


 「シバの女王からの問題、わかったかな?ソロモン王へはもっと難問が出てましたね。一番やさしい第1問でこんなのだよ。「地から湧くのでも天から降るのでもない水は何でしょう?」」
 ついでに、ソロモン王への謎もわかる方は解いてね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック