ロシアのアネクドート傑作集から その12 ロシア(ソ連)のキツイジョーク

その1



ブレジネフ曰く「わが国にジョークなど必要無い。
なぜなら、わが国の存在自体がジョークだからである。」





その2

モスクワの街頭にて。
「今度「プラウダ」が懸賞つきで政治ジョークを募集するらしいぜ」
「へえ、一等賞はなんだい?」
「シベリア送りさ」





その3



大統領選挙前、チュコト半島のチュクチ人のもとへ
モスクワから無償で人道援助物資が届けられた。

中身は、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、肉の缶詰だった。
チュクチ人はラジオをつけてみた。
そこではプーチンが話していた。

チュクチ人はテレビをつけてみた。
そこにはプーチンが出演していた。

チュクチ人は新聞を開いてみた。
そこには、ページごとにプーチンの顔写真があった。

雑誌を開いても――同じだった。

チュクチ人は動揺に震えた。
缶詰を開けるのが恐ろしかったのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック