「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その34 横須賀中央の「セントラルホテル」に到着

 今回から、「横須賀ストーリー」と僕が勝手に名づけた「三浦半島の旅」が始まる。

画像


 「横須賀ストーリー」の第一日目である11月9日(月)の当初の計画である。

 自家用車の旅でなく電車とバスを足にしての旅なので、なかなか思う通りにはいかず、大幅にこの計画を変えることになった。

 まず、JR鎌倉駅で朝8時頃に食べた朝食シーンからスタートする。

画像


 ホテルから歩いて5分のJR鎌倉駅にある簡易食堂で、レンコンと春菊のかき揚げうどんで簡単に朝食を済ませた。

 鎌倉から横須賀まではまではJR横須賀線で移動する。

画像


 食事後すぐに乗れる電車がなく、40分近く待って久里浜行きの電車に乗り込んだ。

 自家用車の旅でないので、歩いて行ける範囲以上の電車やバスを使用した移動が伴うと、このようにムダの多い時間待ちの旅となり、「横須賀ストーリー」を象徴するような出だしとなった。

画像


 15分ほど電車に乗って、午前9時頃にJR横須賀駅に到着した。

画像


 この横須賀駅は、横須賀港に駐屯する海軍関係施設へのアクセスや物資輸送を行うため開業された経緯がある。

 敗戦後もしばらくの間米軍横須賀基地への物資輸送の拠点として機能したそうである。

 横須賀という米軍基地のある街に、好奇心を満タンにして足を踏み入れていく。

 ここで三浦半島の電車網を簡略に紹介する。

画像


 三浦半島には赤線で結んだ京浜急行と、青線で結んだJR横須賀線が敷設されている。

 「横須賀ストーリー」の基地となる宿泊ホテルは京浜急行の路線駅である横須賀中央駅から歩いて1分の距離にあるのだが、鎌倉からは直通電車で行けずバスに乗り換えとなる。

画像


 JR横須賀駅から京浜急行横須賀中央駅まで行くために利用したバスが、この京浜急行バスである。

 僕の「横須賀ストーリー」は、ほとんど京浜急行(電車+バス)に乗っての旅で、江ノ電に乗っての「鎌倉物語」と好対照となった。

画像


 バスに10分ほど乗って午前9時20過ぎに、これから3日間宿泊するセントラルホテルに到着した。

 ここは確か3ヶ月も前から予約したが、素泊まりが5700円程なので普通のビジネスホテルだと思っていた。

 中に入って見ると結婚式場や宴会場やレストランも備えたりっぱなシティホテルで、広くは無いが部屋もきれいで、夜食用に無料のカップヌードルまであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック