越前と若狭の旅 その47 小浜市で「 若狭マリンピア2015花火大会」を見学

 若狭国分寺跡を発ち、小浜市に入った。

画像


 昼食をどこでとろうか迷ったが、黄星印のフィッシャーマンズワーク2階にある「レストラン海幸苑」に決めた。

 午後1時半になっていた。

画像


 この「レストラン海幸苑」で、若狭名物の鯖寿司と漁師汁が両方味わえる税込1404円の「潮風膳」をおいしくいただいた。

 この越前と若狭の旅では、福井県の名物である「鯖寿司とおろしソバ」を何度か食べたが、やはり旅に出ているときは土地土地の名物料理を食すのが一番おいしく感じられる。

 この日の午後は特に暑くて、もうこれ以上旅していられないのでこのままホテルに直行し、午後4時半ころまでホテルで休んだ。

画像


 この8月1日(土)の小浜市は、「若狭マリンピア2015花火大会」の開催日で、花火が上がるのは僕が今日宿泊している「ホテルアーバンポート」の真ん前にある海岸で、ホテル前の海岸通りには既に何十軒かの屋台が出ていて、海岸通りを歩く人たちの人数も次第に膨れ上がってきた。

画像


 「ホテルアーバンポート」には1泊朝食付き税込7700円で頼んでいたので、夕食を何にしようか悩んでいたが、いろんな屋台がホテルの前に出ていたので、屋台で「焼きそば」と「鳥の唐揚げ」と「棒状になっているお好み焼き」(計900円)を、自販で缶ビール2缶(計700円)を買って、ホテルの自室で豪華?な夕食を楽しんだ。

画像


 ホテルの部屋は値段相応に広く、備え付けのテレビも大きく冷蔵庫もしっかりして、もちろん風呂やトイレも文句のつけ用がなかった。

画像


 花火は午後8時20分から始まるので、それまで姉妹ホテルとなっている隣のホテルの展望浴場から日本海の落日を眺めたり、海岸通りを歩いたりして過ごした。

画像


 海岸通りでは、着飾った浴衣姿で浮かれる女子中学生や女子高校生がやたら目について、その姿を普段着で眩しそうに見ている男子中学生や男子高校生の姿が印象に残った。

 僕自身も自分の学生時代を思い出して、気分が高まってくるのを感じた。

画像


 やはり落日や屋台は最高である。

画像


 そしてもちろん、祭りのスターである花火大会は超最高で、難度が付けがたい程の切れた美しさであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック