東京散歩Ⅱ その5 谷中銀座を散策、児童遊園で昼食

 午後から谷根千を歩く旅となるが、その前に谷中銀座の適当な店で昼食を食べようと、谷中霊園から15分程歩いて、谷中銀座前にある夕陽の名所となっている「夕焼けだんだん」まで来た。

画像


 この坂の上からは谷中銀座の街が実によく見える。
 坂を勢いよく下って、そのまま街の中に突入した。

画像


 街中は日本人の観光客も多いが外人の観光客も目立っていて、それよりも目立っていたのが「谷中ひゃっこい祭り」という幟旗だった。
 なんでも、一昨年まで夏のお祭り「谷中銀座祭り」が、昨年「谷中ひゃっこい祭り」にリニューアルされ、今年は2年目の祭りがもうすぐだという。

画像


 幟旗をじっくり見ると、今年の祭りは8月6日(土)、7日(日)の二日間行われる予定で、60本の氷柱が立ち並ぶ中で屋台が立ち並び、どじょう掴み取りや子供ビックリ市や盆踊りのような夏イベントが企画されている。
 その祭りの最中にここを旅したかったが、そううまくはモノゴトはいかない。

画像


 谷中銀座の適当な店で食事をしようと考えていたが、適当な店が見つからず、街外れの弁当屋でメンチカツ弁当とゆで卵を490円で買って、店の女主人に紹介してもらった近くの児童公園で昼食とした。

画像


 この児童公園は千駄木児童遊園という名で、ここで弁当を広げていたら同じようなお兄さんが向かい側に座って同じように弁当を食べだした。
 東京での最初の食事がアウトドアランチになるとは全く考えていなかったが、旅をしているとこんなこともある。
 その後谷中銀座の街を再び抜けて夕焼けだんだんを上り、そこから少し歩いて「喫茶ルノアール」に入った。

画像


 ここで560円のドリップアイスコーヒーを頼み、午後1時まで30分程足を休めた。
 旅の最初の日は足が1万歩以上歩くのに慣れていないので、いつものことだが両足のつま先部分が痛くなり、小休止が必ず必要となる。
 しっかり休んで、しっかり充電した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック