2019年 9月8日 大石川での釣り その1 20キロオーバー

 9月22日(日)に、我が家の家庭菜園のキュウリ棚を撤去した。
 キュウリは釣り師にとってはホントの夏を象徴する野菜で、キュウリの収穫が終わりに近づくと、今年の夏も終わったなという感じがして、毎年のことだが少し寂しくなるのである。
 そのあたりから引っ張って来て適当に変えて作った「20キロオーバー」という笑い話がある。
 こんな話である。

警官
 「20キロオーバーですね、免許証出して」
釣り師
 「ちょっとぉ、勘弁してくださいよ。スピード違反の車なんていっぱいいるのに、なんで俺だけ捕まるんすか?不公平じゃないですか。ほら、今だってスピード違反してる車はたくさん通ってますよ。」

1.jpg


警官
 「あなたね、釣りをする人が、川にいる全部の魚を釣ろうとしてると思いますか?
  運の悪い魚が適当に釣れれば、それで十分でしょ。」
釣り師
 「勘弁してよこの話、運の悪い魚並で、ほんとにみじめです。」

 この笑い話ではないが、今年の我が家のキュウリの収穫は40kgとなり、例年の収穫量である20kgを20キロもオーバーした。
 単純に100g50円(そんなにしないかな)と計算すると、今年のキュウリの市場価値は2万円となる。

2.jpg


 この「風神」という丈夫で長期に渡り収穫できるというキュウリ2本による収穫で、原価の約40倍ももうかった計算になるので、キュウリ棚を壊しながら一人ほくそ笑んだ。
 さて、いつものキュウリの話はそのくらいにして、今回は2019年 9月8日の大石川での釣りの話である。

3.jpg


 今回の朝食も、先回に続いて「大石川を守ろう」と書いてある看板の傍の駐車スペースである。

4.jpg


 食事だが、今日は久しぶりにのり弁を選び長ねぎの味噌汁を付けての和食で、野菜と果物は、自宅の冷蔵庫から持ってきたキュウリとブドウとバナナである。

5.jpg


 そして今日の釣り場だが、手すりの向こうに見える久保橋の上流と下流である。
 それでは結果がどうなるか、「その2」にご期待を!(^^)!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント