サロベツ川・イトウ釣りの旅 その4  最初のキャスト!!

 音類橋はサロベツ川下流部に架かる橋、釣り場案内の①のポイント。

1.jpg


 このポイントを神様神川竜一にすがって釣る。
 彼の初心者でも三日以内にイトウをキャッチする方法どおり、イトウにアタックする。
 タックル装備は

1. ロッド(1.7~1.9mのミディアムライト、ライト、ミディアムのロッド)   
 僕の場合は、2.7mミディアムのロッド

2. リール(スピニングリールなら2000番、2500番のリール。ベイトリールも可能)
 僕の場合は、スピニングリール3000番

3. ライン(PEライン20ポンド以上)
 僕の場合は、PEラインは使用しない。通常のナイロンラインで20ポンドキープ

4. ルアー(ワーム使用;PISCES サイズL、ジグヘッドは黒豆フットボール型ジグヘッド 3/8オンス)

2.jpg


 神川竜一の神の声
 イトウをワームで狙っている方はまずはいないと思うが、これがイトウ釣りでは最強のアイテム、現在100種類ほどのワームを試してみたが、他のワームと比べても食いつき方がまったく違う。 
 僕の場合は、ワームもジグヘッドも同じものが手に入らなかったので 似たようなもので代用。

5. ウェイダー(必ず胸元まであるもの)    
 僕の場合は、スリムウエーダーで胸元はキープ。

6. 偏光サングラス  
 僕の場合は、釣り用で本格的なもの。

7. 帽子     
 僕の場合は、ヘルメット使用(スノボやスキー時も使用)

 この格好で、いよいよイトウ釣りにトライ。

3.jpg


 そして最初の一投は、音類橋下のポイントを攻めた。

 神川竜一の神の声
 上層を狙う時はロッドを立ててリールの巻くスピードを早くします。
 中層を狙う時はロッドを水面と平行にして普通のスピードでリールを巻きます。
 ボトム(下層)を狙う時はロッドを下向きでリールを遅く巻きます。アクションとしては、ミノーのようにトウイッチなどを加える必要はありません。
 キャストをしたら、一定スピードで巻いてくるのがキモです。

 この指示どおりに、キャストを上層から下層まで、順番に3回程繰り返した。やはり当然といえば当然だが、全くアタリすら無かった。

4.jpg


 場所を少し下流の船の間とか後ろにして攻めてみたが、これも当たりは全く無し。
 1回戦は小手調べということだが、初めてのイトウ釣りチャレンジだからなあ。

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント