大阪散歩 その38 名刹粉河寺を散策

 今夜の宿は丸浅旅館、粉河寺のすぐ近くにある旅館である。

10.jpg


 根来寺を出て、距離にして10km、時間で20分程の丸浅旅館に到着し、ゆっくりとくつろいだ後で夕食となった。

20.jpg


 やはり旅館料理ということで、二食で7,560円と割安でも夕食は肉鍋や刺身などが付いて、その上混ぜご飯や蕎麦なども出て、ご馳走と言える料理だった。
 この日はぐっすり寝て、翌朝西国三十三箇所観音霊場第三番札所としていまも多くの巡拝者が訪れている、名刹粉河寺を散策した。

30.jpg


 ここは重要文化財となっている三間楼門の大門で、規模の大きさでは和歌山県では、高野山・根来寺に次ぐ威容を誇っている。

50.jpg


 総欅造りで、入り口の両側に置いてある金剛力士像は仏師春日の作と云われ、像の用材は桂の巨木である。

60.jpg


 案内図を見てのとおり、大小20有余の堂塔伽藍が35,000坪の広大な境内地に建っていて、本道まで約200mの石畳の参道が続いている。

70.jpg


 ここは中門で、三間二戸の桜門として標準的な規模をもち、軒まわりまで良質の欅材で繊細な建物に仕上げられている。

80.jpg


 ここは国指定名勝となっている粉河寺庭園である。
 雄大な本堂を本堂下の広場から仰ぎ見るときの前景でもあり、本堂の前庭とその下の広場との高低差を利用して作られた、日本庭園の中でも先例のない石組みの庭園である。

90.jpg


 ここは重要文化財となっている本堂である。
 770年の創建より数度の造営と改造を繰り返し、現存の本堂は1720年に再建されたもので、江戸時代中期の欅材による代表的建築となっており、西国三十三ヶ所の中では最大のものである。

100.jpg


 朝食前に名刹粉河寺を散策し、朝食後にレンタカーで次の目的地であるJR橋本駅に向かった。
 ここで高野山へのアクセス手段となっている代行バスの運行状況を確認するためである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント