大阪散歩 その37 覚鑁の仏教哲学「密厳浄土」思想 

 聖天堂を出て、堂の前にある聖天池を、覚鑁のことを考えながら歩いている。  空海の思想と覚鑁の思想の違いについては先ほど書いたので、今度は覚鑁について記していく。  覚鑁は鳥羽上皇の病を治すなどして上皇に可愛がられ、若手抜擢されて高野山では大学総長のような仕事をしていた人である。  35歳で古式な真言宗の伝法を体得し…
コメント:0

続きを読むread more