本多勝一著「カナダ・エスキモー」

 日本におけるルポルタージュの "古典" とでも言うべき本。  『エスキモー』という人びとの存在は知っていても、その生活については全く知らなかったので、驚きの連続となる印象的な本。  『エスキモー』は「酷寒の地で生活する民族」というイメージぐらいしかなかったが、そこに描かれる生活様式はまさに想像を絶する世界である。 …
コメント:0

続きを読むread more