ネクラーソフ「赤鼻の酷寒(マロース)」から

>「赤鼻の酷寒(マロース)」 (ほんの一部抜粋) 群(むら)松の梢に風が吹き荒れるのではなく 丘から小川が流れ下るのではなくて 冬将軍が巡視のために わが領内を歩きまわるのだった。 眺め渡す──吹雪はうまく吹雪いているか 森の小道はかき消されたか どこかに、ひびわれや裂け目はないか どこかに、…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その45 三井寺を散策

 金堂は三井寺の本尊の弥勒菩薩を安置する堂で、現在の建物は豊臣秀吉の正室北政所が、1599年に再建したもの。  内部は外陣・中陣・後陣に別れ、天武天皇から賜ったものと伝えられている本尊の弥勒菩薩は絶対秘仏である。  次に見たのは、近江八景の一つとして有名な三井の晩鐘である。  この鐘は音色の良いことから、形の平等院、銘…
コメント:0

続きを読むread more

大阪散歩 その46  空海の御廟に到達 

 奥の院は霊廟であるが、霊廟の本来持っている暗さが全くなく、清潔で透き通るような風に洗われているような気分にさせる場所である。  ここは結城秀康の墓所である。  秀康は徳川家康の次男で、越前松平家宗家初代である。  そのほぼ向かい側の、横道を入ったところに浅野内匠頭墓所があった。  いずれも江戸時代を生きた人たちの墓…
コメント:0

続きを読むread more