大阪散歩 その47  金剛峯寺を見て高野山を去る

 最後に見学したのは高野山一山の総本山である金剛峯寺で、高野山全体が金剛峯寺の境内とされていて、この寺の住職は座主と呼ばれて高野山真言宗の管長を務めている。  ここから金剛峯寺に入っていく。  しばらく歩くとこの正門であるが、この正門は金剛峯寺の建物の中で最も古い歴史を持った門で、昔は天皇や皇族や高野山の住職だけしか通る…
コメント:0

続きを読むread more