近江街道をゆく その46  石山寺に行く

 西国三十三所観音霊場の第14番札所の三井寺の次に、西国三十三所観音霊場第13番札所となっている石山寺に行った。
10.jpg

 この寺は東寺真言宗の寺院で本尊は如意輪観音、開基(創立者)は良弁である。
 近江八景の1つ「石山秋月」で知られる寺で、また蜻蛉日記、更級日記、枕草子などの文学作品にも度々登場し、源氏物語の作者紫式部は、石山寺参篭の折に源氏物語の着想を得たと伝えられている。
20.jpg

 阿吽の形の一対の力士像を眺めながら、参道入り口の東大門を潜った。
 この門は近世初期に大幅な修理を受けているが、1190年の建立である。
30.jpg

 この寺の伽藍配置は平面的にはこういうふうだが、本堂が国の天然記念物の珪灰石という巨大な岩盤の上に建っているので、高低差のはなはだしい配置となっている。
40.jpg

 石山寺の参道は紅葉が満開で、今はちょうど良い見頃の季節である。
50.jpg

 しばらく歩いて、珪灰石という巨大な岩盤と紅葉の作り出す、この寺随一の絶景地点の前に到達した。
60.jpg

 快慶作の大日如来像を安置する多宝塔(国宝)の見えるあたりまで近づいて、巨大な岩盤と盛りとなった紅葉で織りなす絶景を、しばしの間何もかも忘れて、うっとりと眺めていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント