釣り師ジュンチャンと一緒に日本一周の旅に出よう 今日は岡山県(^^)

 さて今日から中国地方、ここまで30都道府県を廻ったことになります。
 47都道府県全クリアーまで、17県となりました。
 これまでお付き合い頂いた方、感謝感謝です。
 これからも、よろしくお願いいします( ^)o(^ )

 岡山県と言えば、まず後楽園、倉敷では美観地区、また鷲羽山からの瀬戸内海の眺め、おとぎ話の桃太郎、宮本武蔵の出身地くらいが頭に浮かびます。
1.jpg

 釣り師は、岡山と言えば、「桃太郎」のルーツとなった、吉備地方の「温羅(うら)伝説」に強く興味が惹かれます。
とにかく話のスケールがデカく、不思議とロマンに満ちた伝説です。
2.jpg

 岡山市北部の吉備津神社に伝わる「吉備津彦命の温羅退治伝説」が「桃太郎」の有力なルーツです。
 吉備津彦命は「記紀」にも記されている吉備を平定した大和の王子で、このとき吉備側の実力者として退治されたのが温羅という鬼です。
3.jpg

 温羅は乱暴者で、日常的に火を吹き近隣を焼き尽くしていたと記されています。
 一方地元の吉備では、温羅は渡来人(出自については出雲渡来説・九州渡来説・百済渡来説・加耶渡来説・新羅渡来説など複数の伝承がある。)の王子で、大規模な製鉄技術を伝えた「優れた技術をもたらした偉人」と、吉備地方には伝承されています。
5.jpg

 詳しい史実は不明ですが、山深い吉備に大和朝廷に対抗しうる勢力があったことは付近の巨大古墳や製鉄遺跡が物語っていて、「桃太郎」の話は、実は「大和朝廷による吉備征服の話」、と受け止めることもできます。

 皆さんは、岡山県と聞いて何を思い浮かべ、どこを旅してみたいですか。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント