クリシマスジョーク その2 言いたくないけど

4歳の少年がクリスマスの夕食の前に感謝のお祈りをするように求められた。

少年は祈り始めた・・・。すべてを神に感謝した。
まず友だち(ひとりひとり名前をあげて)、それから母、父、兄、姉、妹、おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さん・・・。
ついで、食べ物も。七面鳥、ソース、フルーツサラダ、じゃがいも、パン、バター、飲み物・・・。
つぎに、デザート、パイ、おまけにホイップクリームにも。
それから少年は黙り込んだ。
家族は待った・・・待った・・・待った。

とうとう母親が「もうひとつあるでしょ。忘れずに続けなさい」と言った。

少年は小さな声でささやくように言った。
「ブロッコリーにも」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント