オールイン遊び 第1章 ハングル文字の基本は40文字

第1章 ハングル文字の基本は40文字

 日本語の母音はアイウエオの5音で、50音図は以下のようになる。
10.jpg

 カタカナもひらがなと同じ図となる。 
 文字を全部足すと114文字となる。
 日本語はひらがなの他に、かたかなやローマ字や漢字がある。(生まれた時からだからそうは思わないけど、日本語ってけっこう大変。)  
 英語はアルファベットの26文字のみ。
 ひらがなのたった4分の1の量。漢字みたいなものは何もない。
 英語圏に生まれた方が簡単そう、というより英語から入っていったほうがいいんじゃないとマジで思うよ。
 ではハングルの方を見てみると、まず母音から
20.jpg

 母音は10文字、二重母音は11文字の計21文字。 
 子音を見ると
30.jpg

40.jpg

 平音が10文字、激音が4文字、濃音が5文字の計19文字。 
 この40文字の母音と子音を組み合わせて、ハングル文字は成り立っている。
50.jpg

 一覧表にすると、399文字の表となる。 
 量的には、アルファベットの15倍、ひらがなの3.5倍となる。 
 これはあくまでも母音+子音の組み合わせのみに限ったことで、ハングルにはこの他に
60.jpg

 上図の③、④、⑤、⑥のような合成文字もある。 
 漢字程ではないが、漢字に近い文字もあるようだ。

 生まれた時から親しんだり、小・中学校から親しんだりしている文字ではないので、かなりの抵抗はありそうだと率直に感じた。 
 しかし、オールイン島に行くという大目標があるので、少しづつ始めて行こうと決心。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント