ネクラーソフ「赤鼻の酷寒(マロース)」抜粋 その4 

《みるがいい、若い女よ、もっと大胆に
酷寒(マロース)の主がどんなものだか! このわしのように
若者よりも一層力強く、美しい者を
おまえは一度でも見ることがあったか?

吹雪も 雪も、また霧も
いつも酷寒にはへりくだっている
八重の潮路の大海に行き──
そこに氷の宮殿(みや)をたてよう。

わしはおもいきめたのだ──大河を
いつまでも重圧(おもし)の下(もと)にとじこめよう
世にもとうていかけられぬような
氷の橋をかけてやろう。

そこには速い、騒々しい水が
せんだってまで自由に流れていた──
今はもう 人が歩き、荷をつんだ
荷馬車が通っているだろう。

わしは好む──深い墓穴の中の死人たちに
氷柱(つらら)の着物きせてやること
また 血管の中の血を凍らせ
頭蓋の中の脳みそを凍らせること。

善からぬ盗人には痛い目を
騎(の)り手と馬には恐怖(おそれ)をあたえるような
大きな爆音を、たそがれ時分
森にたてるのを、わしは好む。

若女房たちは、森の精をののしりながら
急いでうちへ帰るだろう。
騎馬の、また徒歩(かち)の酔いどれどもを
たぶらかすのは一層おもしろい。

おしろい要らずで面(つら)中を白く塗りたくり
鼻は火と燃えたたせ
あごひげは、斧ででも打ち割らなければ
とれないほど しっかり手綱へ凍てつかせよう!

わしは金もち、金かんじょうなどしなくても
財産がへるようなことはない
わしはわが王国を飾ってる
ダイヤモンドで、真珠で、また銀で。

わしといっしょに行くがいい、わが王国へ
そしておまえは、王妃になるがいい!
わしらはりっぱに冬を治めよう
そして夏には深く眠ろう。

行くがいい、可愛がろうぞ、あたためようぞ
空色の宮殿をあてがってやろうぞ……》
かくて、酷寒(マロース)の主はかの女の頭上で
氷の矛をふりまわしはじめた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント