ネクラーソフ「赤鼻の酷寒(マロース)」 抜粋 その5

《あたたかいか、おまえは、若い女よ?》
高い松の梢からよびかける。
──あったかいです! と寡婦はこたえる
事実は、寒くてふるえてるのだ。

酷寒(マロース)は少し下へ降りて来て
またもや矛をふりまわし
一層やさしく 一層おだやかにささやく
《あたたかいかな?……》──あったかいです、とっても
 あったか!──

あたたかい──だが、その実はこごえている。
酷寒は、かの女のからだにさわる
息が からだに吹きかかり
白髪のあごひげから針の毛が
かの女の上へ降りかかる。

とうとう目の前へやって来た!
《あたたかいか?》またもささやく
そしてたちまち、プロークルシカの姿にかわり
かの女に口づけしはじめる。

かの女の口に、眼にそして肩に
白髪(しらが)の魔法使いは口づけし
また、甘いことばの数々で
婚礼のことなど、愛(いと)しい人のようにささやく。

甘いことばに耳かたむけるのが
どんなに気もちよいものか
ダーリェシカは眼をとじ
斧を足もとに取り落し

哀しい寡婦の青ざめた
口の辺にはほお笑みが躍り
眉には、柔毛(にこげ)の白いまつ毛が
まるで凍った針のよう……

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント