「播磨と淡路のみち」 その19 赤穂の大石神社へ 

昼食は、龍野市室津出張所の隣にあるみなと茶屋で済ませた。
イメージ 1

この町には飲食スペースがないので、ここでは軽食しか食べることができない。
港を臨むところにテーブルと椅子が並んでいて、カレーやうどんやおにぎりができるので、カレーうどんとおにぎりを頼んでちょうど550円だった。
食事後、赤穂に向かった。
イメージ 2

23km程の道のりだが、慣れないこともあって1時間ほどかかってしまった。
赤穂では、まず赤穂城跡に立ち寄った。
イメージ 3

国史跡となっていて、なかなか立派な造りの城のようである。
イメージ 4

 ここは武家屋敷公園である。
 この辺りはちらっとだけ見て、すぐに大石神社に向かった。
イメージ 5

この正面が大石神社の参道のようである。
イメージ 6

参道の両脇に赤穂浪士47人の石像が建っていて、今にも吉良邸に討ち入りそうな気配である。
1703130日の深夜、この元赤穂藩士大石良雄以下47人は、旧主浅野長矩の仇である吉良上野介義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した。
イメージ 7

殿中での刃傷に征夷大将軍徳川綱吉は激怒し、浅野長矩は即日切腹、赤穂浅野家は断絶と決まった。
しかし、吉良義央には何の咎めもなかったので、その後赤穂浪士の討ち入りとなった。
イメージ 8

大石神社本殿に到着し、複雑な気持ちで頭を垂れて、赤穂浪士の霊に黙とうした。
複雑な気持ちとなったのは、赤穂事件を裁いた徳川綱吉の評価に関することで、
綱吉がお茶の間のドラマに登場するのは、忠臣蔵関連か水戸黄門関連のドラマで、このどちらも綱吉を悪人として描いている。
それ程悪い人間ではなく、むしろ非常に有能な君主だったという評価がある。
具体的には井沢元彦氏で、「逆説の日本史」の中で、「戦国の気風を残した世相を、生命を大事にする太平の世へと変革した」と、綱吉の「生類憐みの令」を高く評価している。
綱吉の治世の前半は、基本的には善政で特に問題は無いが、治世の後半は天変地異が多発し、それが綱吉の評価を極端に下げ、その中で赤穂事件は起こった。
複雑な気持ちを吹っ切れないまま、大石神社を終える。
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント