ロシアのアネクドート傑作集から その13 ロシア(ソ連)


その1

「共産主義ってのは、船旅に似てるな。」
「どんなところが?」
「展望だけは素晴らしいんだが、どこに向かってるんだかさっぱりわからない。その上吐き気がする。おまけに降りられない」





その2


旧ソ連時代の ロシア人いわく、
「真のしあわせと言うのは、午前4時、自分の家でぐっすり寝ているとき
にやってくるんだよ。だれかが激しく戸をたたく音に目をさまして、
行ってみると秘密警察官が戸口に立っていて、こう言うんだ。

『イワン・イワノビッチ、お前を逮捕する』
すると、ぼくがこう答える――
『ご苦労さんです。でも、イワンの家は隣なんです』
「そんなときには、最高にしあわせだね」




その3

レーニンは、どうすればこの国を統治できるかを示した。
スターリンは、いかにして統治すべきかを示した。
フルシチョフは、どんな馬鹿でも統治するそぶりのできることを示した。
ブレジネフは、全ての馬鹿が統治できるわけではないことを示した。
ゴルバチョフは、馬鹿でなくともいかに統治が難しいかを示した。
エリツィンは、結局この国は統治できないことを示した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント