「播磨と淡路のみち」 その23 龍野城まで歩く 

この白壁が続く屋敷は「霞城館」と「矢野勘治記念館」の二つの記念館を併設した建物である。
イメージ 1

白壁には入り口が二つあった。
イメージ 2

ここが、旧制一高の西寮寮歌「春爛漫」、東寮寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」の作詞者である矢野勘治の旧居である矢野勘治記念館の入り口である。
イメージ 3

こちらが、龍野出身の近現代の文化人である三木露風、内海信之、矢野勘治、三木清らの顕彰を目的として設立された文学館「霞城館」の入り口である。
イメージ 4

道の突き当たりまで歩いて行くと、そこに龍野小学校があった。
小学校も、龍野の一番いいところにある。
イメージ 5

突き当りを左に曲がると、そこにはまことに小さなお城という印象の龍野城が建っていて、再建された隅櫓が天守のような風格で建っていた。
龍野城の中で実際に現存しているのは石垣のみで、御殿、武具櫓、隅櫓、埋門は再建とのことである。
イメージ 6

この門は龍野藩の家老屋敷の門と伝えられ、高さ約4.9m、屋根幅約5.4m、支柱と控柱の4本からなっている。
この場所には江戸時代に龍野藩の家老が住んでいて、その後は龍野県庁、揖東揖西郡役所などと変遷して現代に至っている。
それにしても龍野の朝は静かで空気も美味しく、実に気持ちのいい街で、ヒバリのさえずりの音なども聞こえてくる。
イメージ 7

鶏籠山を背景に隅櫓がスッキリと建っていて、この光景を見ていると実にすがすがしい心になってくるが、これから龍野城に上ってみる。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント