2019年 桜満開の季節の釣り その4 明日、日本が令和に変わっても

釣りは終わり、余韻を楽しみながら帰路に入る。
イメージ 1
いつもの「女川ハム工房」で、今週の晩酌のつまみを買った。
イメージ 2
「女川ハム工房」からも、霊峰「光兎山」がはっきりと見えた。
イメージ 3
 「女川ハム工房」の前の「あなたのおかげで今日がある」という言葉の「あなた」が、今日は「光兎山」に思えてくる。
イメージ 4
39cmの尺岩魚を釣り上げた沢近くからは、満開の桜に飾られた「光兎山」が綺麗に見えていた。
ここからは、関川村の誇る桜スポットを見ながらの帰路である。
イメージ 5
 ここは「吹ノ沢川」の手前の川北小学校校庭の桜で、この学校は2010年に統廃合となった。
イメージ 6
荒川本流に架かるこの赤い橋は「小見橋」で、対岸の桜並木とその向こうの残雪の山々が実にいい感じである。
イメージ 7
 対岸の桜並木は、近くに寄るとこんなに鮮やかである。
イメージ 8
桜に酔ったところで、「幸せ三点セット」の第一弾である100円の「串こんにゃく」、食べると口の中で幸せが弾けて飛んだ。
イメージ 9
「幸せ三点セット」の第二弾は、極上の露天風呂とそのあとの極楽への眠りを誘うマッサージである。
ここで仕上がって、「桜街道」をゆっくり進んで昼食場所の新発田市菅谷の秋田屋に入った。
イメージ 10
 今日は、煮干し出しのシンプルなラーメンが、「幸せ三点セット」のとどめである。
「幸せ三点セット」の合計は1500円、高いと言えば高いが、安いと言えば安い「幸せの値段」である。
イメージ 11
最後に、開高健の名言を少し変えて一言。
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント