ブラジルの笑い話 その29 不眠症 

マルシア夫人は不眠症のためドクターを訪ねた。
「先生、最近夜どうしても寝付けないんです。何とか治療してください」
ドクターは夫人を診察してこう言った。
「軽い不眠症ですな。寝る前にこの薬を飲んで、ベッドに横たわると同時に、ゆっくり数を数えるといいですよ。牛が一頭、牛が二頭とね」
「わかりました。やってみます」マルシア夫人は家路に着いた。

次の診療日、ドクターは「どうですか。その後の具合は?」
「ええ、お蔭様でよく眠れるようになりました」
「それは良かった」
「ただ問題が1つあるんです。実は私が数を数えていると主人がいつも決まって急に夢から覚めて飛び起きるんで困っているんです」
「ご主人も随分神経質ですね、ところでご主人の職業は?」
「打たれ強いと評判のプロボクサーなんです」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント