2020年6月21日  大石川釣行 朝飯後に釣る

朝飯前に気分よく釣って、これから鮖谷橋の少し上流左岸で朝食とする。(D)

10

 メニューは、おかか入りのおにぎり1個、野菜ミックスサンドイッチ、自宅の冷蔵庫から持参したトマトとキュウイ、それに切り札の
UCCコーヒーである。

美味しく幸せにいただいた。

この食事の最中、開高健が作品のなかでよく引用していた中国の古い諺(ことわざ)が浮かんできた。

 

1時間、幸せになりたかったら

酒を飲みなさい。

 

3日間、幸せになりたかったら

結婚しなさい。

 

8日間、幸せになりたかったら

豚を殺して食べなさい。

 

永遠に、幸せになりたかったら

釣りを覚えなさい

 

コロナの時代に、この「古い諺(ことわざ)は意味をなすのかなさないのか」、少し真剣に考えてみた。

 

まず、「1時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。」

酒は外に出なくても自宅で気軽に飲めるので、心配無用である。

次に、 「3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」である。

これは結婚だけだったら何の問題もないが、今まで通りの結婚式は当分できそうにない。
  「3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」という問題は少し悩む問題となるが、幸せに対する支障はサホドなさそうである。

その次の、 「8日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。」も、特にコロナの時代でも心配無用である。


   最後の「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」は、釣り師が釣り師となった最も重要なワードであるが、これも渓流釣りという行動の最中はコロナという問題はまったく問題とならない。

 
  今まで通り、釣り師ジュンチャンは「永遠に幸せになるために」釣りを開始することにする。


 車を日陰となっている大石川の展望場所に置き、そこから大石川を眺めて釣り場を決定した。

20

 今日の第二ラウンドの会場は、写真上の黄⇓で示した久保橋の下流の、黄線で示した大石川のほぼ全域である。

 

30

 まず最初に、全域がポイントに見えるこの場所で釣った。

 伊藤稔が開発した「琥珀本流零」はどんな小さな山女も棹に向こう合わせに食いつかせて、ほとんどバラスということがない。

40

 ここであっという間に
5~6匹の小さな山女が釣れた。

50

 場所を変え少し下流に歩き、この黄線に沿って
30分ほど釣り下って、ここでは10匹程の小さな山女をゲットした。
 その先の堰堤下のポイントでも、10匹程の山女を釣った。

 小さくても山女、いくら連れても楽しくなる、釣り師は本当に幸せ者である。
 もちろん、山女はすべて大石川にリリース、山女は命を長らえることができ、釣り師はいっそう幸せになる。

70 (2)

 ふと空を見上げると真っ青な空にトビが飛んでいて、写真には写ってないが、飛行機雲が真っすぐな線を長く描いていた。(まるで神に見守られているような、大石川での釣り

 この辺りで餌のミミズが無くなったので、釣りはやめた。

 川から上がる際に、この辺の川岸にワラビが群生していたので、ほんの片手で掴めるほどの量を採って帰った。

 そういえば今日6月21日は、釣り師の飼い犬の「モモちゃん」の、13回目の誕生日である。

80

 この写真はモモちゃんの去年の夏の写真で、モモちゃんを散歩させているのが釣り師の孫のりょうま君、今回は足だけの出演である。

 モモちゃんがいつまでも元気で長生きできるよう、「今日はとびきり美味しい餌をあげよう」と思いながら、釣り街道をのんびり帰った。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント