サロベツ川の旅 その2 天塩温泉夕映にて

明日の計画がほぼ決まると、急にお腹が空き出した。
 昼めしはカレーパンやコロッケという軽食で済ませており、天塩川河口まで走破するエネルギーに費やされ、何も残っていなかった。

 ホテルのママから、近所にある温泉付き宿泊施設であるてしお温泉夕映を紹介して貰い、風呂に浸かってから食事ということにした。

 このてしお温泉夕映は、日本海に沈む夕日を売り物にしている施設で、天塩川と日本海が交わる絶景の地で、日本海に沈む夕陽を眺めながら露天風呂を楽しんだり、海や川からの豊かな食材を生かした料理を堪能することができる。

 5時を過ぎて薄暗くなって来たので、露天風呂はやめて、室内の大浴場に向かった。

イメージ 1
 
 ほとんど貸切状態で、のんびりと旅の疲れを取った。

 夕映の湯は、美肌効果やマッサージ効果に優れた効能があるとのこと、また独特な変わった香りのすると詳解があったが、気づかなかった。

 泉質はナトリウム塩化物の入った強塩泉である。

 入浴の効能としては、神経痛、筋肉痛関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、疲労回復、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、切り傷などで、万病に効きそうな効能書きがされていた。
 そして食事である。

 館内のレストランに行って食事を注文して出来上がるまでの間、館外へ出てぶらぶらと歩きながら、天塩温泉自慢の夕を堪能した。
 

 
イメージ 2

 利尻富士のシルエットが鮮やかで、旅情をそそる絶品の夕映だった。
 前景のススキに季節を感じながら、無事日本の最長10ヶ川を制覇できた喜び心から噛み締めた。
 
イメージ 3

 夕日を見ている間に、食事が運ばれていた。
 夕映定食、料金は1,260円である。
 今日くらいは食事を豪盛にしようということで、これを注文していた。
 天塩川の旅の無事終了と日本の最長10ヶ川制覇のご褒美として、夕食は一人だけではあるが、重要な意味を持つ宴の時となった。
 天塩産のしじみの味噌汁が一番美味しかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント