因幡と伯耆の旅 その8 「神話の地 白兎海岸」にて

 陸橋を渡り白兎海岸に向かうと、海岸前に「神話の地 白兎海岸」の立派な標柱が建っている。
イメージ 1

 標柱の隣の説明看板を読んでみた。
イメージ 2

 高草郡に住んでいた兎が洪水で於岐の島に流され、兎は陸へ戻りたいばかりに近海のワニザメをだまして陸へ戻ったので、ワニザメは怒って兎の皮をはぎ、赤裸にした・・・・という例の因幡の白兎の話が書かれていた。
イメージ 3

 この神話の中の於岐の島が、標柱の斜め左にあるこの島である。
 神話の世界で想像しているよりもずっと陸に近く、この近さではわざわざワニザメを登場させる意味もないのではと思ってしまった。
 ここ白兎海岸は、ワニザメに皮を剥がれて泣いている白兎と大国主命の出会いの場でもあり、神話では大国主命が白兎(稲羽の素兎)を助ける話ばかり有名になっているが、実際はこの話は神話のメインではないのである。
イメージ 4

 神々の国出雲で大国主命の異母兄弟である八十神達は、因幡の国八上の郷(現河原町)に美しい姫がいると伝え聞き、この八上姫をめとろうと考えた。
 八十神達は弟の大国主命に八上姫への贈り物を全て持たせ、因幡の国の八上姫のもとに向かったが、その途中で傷ついた白兎(稲羽の素兎)と大国主命が出会うのである。
大国主命に助けられた白兎は回復し、そのお礼に白兎は「八十神は八上姫を絶対に得ることはできない」と告げる。

 白兎の言葉通り、八上姫は八十神をはねつけ、大国主命に「袋を背負われるあなた様が、私を自分のものにしてください」と言ったと古事記に書かれている。
 その後、二人は八上の里で幸せな結婚生活をして、やがて子どもをもうけた・・・・。
イメージ 5

 この話には続きがあり、八上姫は大国主命と出雲に行くのだが、嫉妬深い正妻のスセリ姫と折り合わず再び八上の里に戻ることになる。
 この八上の里は当初の計画では今日一番に訪れる予定にしていたが、例のトラブルによって霧消してしまったので、ここで少しだけ記載しておく。
 八上の里も伝説の美女となった因幡の采女達を生んだ土地の一つであり、彼女たちの先祖が神話に登場する八上姫なのである。
 大国主命の時代は男性が妻の家を訪ねる通い婚で、大国主命はあちらこちらの美女の元を訪れていて、各地で生まれた大国主命の子どもは180人以上だったと伝えられている。
 越の国の奴奈川姫とのロマンスも有名であるが、これら各地の姫との結婚は出雲王国の、日本各地への勢力拡張の姿と考えられている。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント