テニスの王子様その3 焼肉いっぱい喰ったよん


画像


    引退後の朝青龍 ↑ 雄介はこんな顔、体型もソックリ  


 日曜日の午後6時になろうとしていた。季節は中ごろの秋、10月のことだった。  食欲の秋とも言うこの季節、我ら中学生の胃袋は急成長し、留まることをしらない。


 その典型が我が愛すべきペアの雄介だった。


 「おかん、どんぶりで頼む」雄介はチアママが準備する間もなく、どんぶり飯を要求。

 チアママも心得たもの、「3杯はおかわりしなくっちゃ」と相槌を打つ。


 ここは相撲部屋かと僕は思った。


 焼肉の種類はカルビくらいしかわからないが、とにかく様々な種類の肉が、どうぞ食ってくれとばかりにでっかい皿に山盛り、その皿の隣に野菜を入れた大皿が並び、キムチもダイコンや白菜やキュウリが材料の、色んな種類のものが並んだ。


画像


 肉は野菜に包んで食べるんだったな、そのくらいは僕でも知ってる。


 焼肉とは別にすき焼きみたいなものが出た。ああ、これが韓国のすき焼き「プルコギ」だな、おいしそう、よだれと腹の虫で、頭がおかしくなりそう。


画像


 生活保護家庭に近い一樹は上目使いにチアママの許しを伺い、許しが出るとわき目も振らず大量の焼肉にアタック。飯も食わずに肉ばかり食ってる。お前の所の台所はみんなが知ってる。死にものぐるいに食えと、僕は心の中で叫んだ。


 牧師の子の範久はお祈りをしている。食料となった動物に許しを請わないと食べれないんだって、前に聞いたことがある。牧師って大変な職業だ。ゆくゆく親の後を継ぐからには今から牧師修行の毎日なんだ。


 県会議員の子の久人は、やたらチアママに愛想がいい。来年の春の選挙に印象がいいように親に躾けられてるんだろ、県会議員の子も大変だ。


 母子家庭の子の翔はママが水商売をしてるので、一番雄介の家庭に溶け込みやすい。まるで自分の母親同然の気分で、チアママと話している。



 雄介の家も、夜は焼肉居酒屋と化すから、同業者のようなもんだ。



 公務員の子の僕(リョーマ)はこういう場所ではほとんど目立たない。



 子どもなのに、みんな親そっくりだ、何でだろ、何でだろ。

 それはね、子どもが親に食わせてもらってるからさ、同じものをね。


画像



    ほとんど肉にアタック、この野菜キムチは手もつけてない



 そして、沈黙の40分程が過ぎた。あれほどあった焼肉はあとかたもなく、あとは野菜とキムチだけが残った。戦いは終わった。お腹がみんな、異常にふくれている。


 チアママは一人で上機嫌でビールを飲んでいる。雄介も、ママに注いでやってた。そして、雄介も少し飲んだ。顔が赤い。雄介とチアママは良い親子だと感じた。


 焼肉屋を出ると、満月が綺麗だった。牧師はまたお祈りをし、県会議員はみんなを代表して、チアママにお礼を言った。



画像



 翌日は、相撲取りを除いて全員、お腹の調子が一日中おかしかった。(続く・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント