ブラジルの笑い話 その48 しょうのない娘 

親の反対を押切って結婚した娘夫婦が、姑の近くの姑名義の家に住んでいた。 娘を訪ねてきた姑は、屋根から雨漏り、窓ガラスは破れてごみだらけのリビングのソファーに寝そべってテレビを見ている娘婿に向かって「あんたはどうして修理しないの。ただで住ませているんですよ」と苦言を吐くと、娘婿は「だって、自分の家じゃないし」と気にも留めてない様子。…
コメント:0

続きを読むread more

丸山薫の詩

 「釣り師」のオフシーズンの楽しみと言えば読書となる。   そんな生活の中で、丸山薫のこんな詩を見つけた。  「 釣り師」の心に沁みます!!!  狼群      狼の群が旅人を追っていた      日没になると かれらは      野営の焚火(たきび)をとりまいて迫った      旅人は薪(まき)を投げ…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その20 渤海までの二つめの話 

二つめの話は、5世紀となる。この時代は倭の五王の時代で、大和政権は強大な力となり、朝鮮半島南部の支配をめぐって優位な立場に立つため、中国の宋に朝貢して安東将軍などの称号を得た。 例の讃、珍、済、興、武の時代で、大阪の堺市には仁徳天皇(讃と比定されている)陵などの巨大な前方後円墳が造られた。一方朝鮮半島南部では4世紀に百済と新羅がそれぞれ…
コメント:0

続きを読むread more

因幡と伯耆の旅 その21  コナンの街を散策

ここは米花商店街である。 ここには喫茶ポアロ、コナンの家パン工房、コナン百貨店などが店を構えている。 これらの店の中で、名探偵コナンのキャラクターグッズを中心とした商品をバラエティ豊富に取り揃えている専門店であるコナン百貨店に入ってみた。さらっと米花商店街を見てから、コナン通…
コメント:0

続きを読むread more