ガルシア・ロルカの『ジプシー歌集』から夢遊病者のロマンセ(k)

ラテンアメリカは大航海時代のスペイン、ポルトガルに発見され植民地化されて今日に至っているので、良かれ悪しかれ、この両国の影響を今でも引きずっている国々がほとんどである。この両国の好みがラテンアメリカ人気質にも反映して、ロルカはラテンアメリカ人には人気のある詩人である。彼は、多芸の人で音楽家、ピアニスト、画家等も兼務し、その才能を発揮した…
コメント:0

続きを読むread more

金沢紀行 その21 旅の終わり

 宇多須神社脇の急な坂道である子来坂を20mほど登って、坂の途中にある宝泉寺に到着した。 この寺からは、金沢の旧市街地を一望できるということなので、寺内の見所は見ずに、真っ先に金沢の旧市街地を一望できる場所を目指した。  この道を真っすぐに進んだ場所がその展望場所である。 そ…
コメント:0

続きを読むread more

(動画) 台湾紀行その6 台東・北回帰線

(動画)台湾紀行その6 台東・北回帰線 この旅は、「びっくり台湾ぐるり周遊5日間」と銘打ち、その旅の間に、台中、日月潭、鹿港、高雄、台東、花蓮、太魯閣、九フン、台北などを見て回る旅。 今回は台東のバスの中での 台東・北回帰線 である。 動画をクリックです!! ↓↓ NO1 https://youtu.be/036P…
コメント:0

続きを読むread more

台湾紀行 その28 実にロマンチックな北回帰線標塔

 台湾では西海岸の嘉義県水上郷と東海岸の花蓮県豊濱郷靜浦村と道一つ内陸の花蓮県瑞穗郷の3カ所に標塔が設置されている。  僕らがこれから向かうのは、東海岸の花蓮県豊濱郷靜浦村にある北回帰線標塔である。その北回帰線標塔は公園風に整備されており、その上土産物屋まである観光地となっていた。  観光バスが何台も停まっていて、観光客で賑わっていた。…
コメント:0

続きを読むread more