能登(日本道)への道 その22 渤海の話Ⅱ

これからロシアに200箇所以上ある渤海の遺跡の一つを、ロシアのウラジオストク郊外まで訪ねていく。最初に向かったのが、渤海時代の山城の跡である。ここは山城の跡で、山城は4mの石垣で囲まれていたということで、NHKの杉浦知紀アナウンサ-の手の高さの2倍位の高さがあったことになる。渤海人はこのような山城を幾つも造り、山城を拠点として農業や狩猟…
コメント:0

続きを読むread more

因幡と伯耆の旅 その23 名和神社から大山へ 

名和長年は伯耆国名和(鳥取県西伯郡大山町名和)で海運業を営んでいた名和氏の当主で、赤松氏と同じく村上源氏雅兼流を自称している。 長年は大海運業者だったとする説や悪党と呼ばれた武士であったとする説があるが、楠木氏同様に商業活動を行って蓄財をしていて比較的裕福な武士であったのは間違いない。 鎌倉幕府の討幕計画が露見し捕縛されて隠岐島…
コメント:0

続きを読むread more