能登(日本道)への道 その28 「時国家」と「上時国家」を見学  

 「塩の駅」から5~6分走って、「時国家」に到着した。 この江戸時代には加賀藩に属していた「時国家」と、そのあと訪問する幕府と関りがあった土方家に属していた「上時国家」(後に天領となる)は、平家の最高重鎮で平清盛の義弟であった平大納言時忠の末裔の家である。 「時国家」の建物は江戸中期もしくは末期のものといわれ、古い鎌倉時代の書院造り様式…
コメント:0

続きを読むread more

因幡と伯耆の旅 その29 「鳥取県(因幡国・伯耆国)の旅」のラストシーン  

「むきばんだの聖域コース」に向かって電動自転車をゆっくり走らせた。なにぶん電動自転車なので、乗り慣れるのに数分時間がかかった。ここは、洞の原地区の復元された竪穴住居である。 ここは、竪穴と柱の跡だけが復元されている。歩く方向を変えて、これから「むきばんだ遺跡聖域」の中枢に入っていく。 本格的な弥生時代の土屋根住居が復元されているので、そ…
コメント:0

続きを読むread more