思い出の中の川 第1回 2004年6月の中継川

 今回から、過去の釣行時に撮影した記録写真を元に、「思い出の中に入ってしまった、もしくはすっかり忘れてしまった釣行」のことを書くことにする。  初回は2004年6月に釣行した中継川である。  中継川は釣り師の現職時代に、その職場で非常勤嘱託をしていた山田さんについて行って初めて釣った川で、その後も十数年の間山田さんと誘い合わせて…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その31 キリコ会館 

 朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りの続きで、キリコ会館に行った。  ここでは能登の伝統的な夏祭りである「キリコ祭り」に実際に使われているキリコの展示や、神事の紹介をしている。キリコとは、「切子燈籠」の略であり、「切籠」でキリコと読ます。 キリコは祭りの御神灯であり、神輿の足元を照らす照明役として、神輿とともに担ぎ出されるものである。…
コメント:0

続きを読むread more

奈良散歩 その2 上司海雲の墓

上司海雲は、司馬さんの「街道をゆく 奈良散歩」の中では、街道をゆくの挿絵を担当して取材旅行にも同行した須田剋太画伯を庇護し続け、須田画伯と父と子のような関係を持った方として紹介されている。司馬さんが須田画伯と空海寺を訪れる場面も「街道をゆく 奈良散歩」には書かれていて、上司海雲の眠る空海寺の五輪塔に、須田さんが駆け寄るように近づいて野の…
コメント:0

続きを読むread more