プル(pur)「集落・城塞を意味」が世界を駆け回った話

 インド・ヨーロッパ語族(印欧語族)のサンスクリット語は古典学術用語として栄えたラテン語・ギリシア語とともに「三大古典印欧語」と称される。

  

 このサンスクリット語で「集落・城塞」を意味するプル(pur)という言葉がある。


 今日はこのプル(pur)が世界を駆け回った話。

  

 直接purに由来する地名は、インド、東南アジアに多数ある。
  
 ・ インド

    • ジョドプール(Jodhpur、ジョド王の城塞都市)

    • ジャイプール(Jaipur、ジャイ王の城塞都市)

    • ミルザプール(Mirzapur、太守の城塞都市

    • マンガロール(Mangalore、Mangalapurが古形、幸運の城塞都市) 


    • パキスタン


        • ペシャワル Peshawar(Pushpapuraが古形、花の城塞都市)



    • バングラディシュ


        • ラングプル(Rangpur)

        • ジャマールプル(Jamalpur  



    • スリランカ


        • アヌラダプラ(Anuradhapura)

        • スリ ジャヤワルダナプラ コッテ(Sri Jayewardenepura Kotte)  



    • ラオス


        • シァニャブリー(Xiagnabouri)   



    • インドネシア


        • テラナイブーラ(Telanaipura) 


    • タイ


        • サンカブリー(Sangkhlaburi)

        • トンブリー(Thonburi)



    • シンガポール (Singapore←Singa+pura、獅子の城塞都市の意)


    • トルコ


        • イスタンブール(Istanbul、Islam+bul イスラム教徒の城塞都市という語源説が有力) 



 ヨーロッパに伝播し、プル(pur)はポリスとなる。




 ・ギリシャ


      アクロポリス(高台の町)


 ・イタリア


      ネアポリス(新しい町・現在のナポリ)


 ・リビア


      トリポリ(3つの町)




 韓国古代に伝播し、「城、集落」を表した「伐(Pur,Por)」 となる。 


 更にこの「伐(Pur,Por)」が「Mur、Maur、Mar」に音が変化し、「村(マウル)」となる。



 日本古代に伝播、Pur、Por は日本語の古語では「フレ」にあたり(「プレ」と発音していた)、日本の地名の「フル、バリ、ハル、ハラ」の語源となる。


 更にこの「伐(Pur,Por)」が「Mur、Maur、Mar」に音が変化し「本丸」「二の丸」のような城郭の一部を表す名称となる。



 言葉に限らず、人々もこのように、世界を流れ歩き回ったようです。 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント