釣り師ジュンチャンと世界を巡る 第17回はイラク

 イラクは、四大文明の一つ・メソポタミア文明の発祥地で、ほぼ完全な形で残っている法典としては世界最 古といわれるハンムラビ法典もここで生まれました。  イラク人の約80%はアラブ人で、約15%がクルド人、アラビア語を公用語とし、国民の97%がイスラム教徒です。  また、イラクは石油大国で、サウジアラビアに次ぐ世界第2位の埋蔵量…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その14 足利公方と青砥藤綱

帰りは朝比奈峠から十二所までバスに乗り、そこから金沢街道を鎌倉駅の方向へ向かって歩き始めた。 金沢街道沿いには鎌倉幕府高官の旧居が立ち並んでいたが、その中から赤字ア;足利公方邸旧蹟と赤字イ;青砥藤綱旧居跡を選んで立ち寄った。  金沢街道の明石橋を通り過ぎ、泉水橋交差点から鶴岡八幡宮方面へ向かうと、最初の目的地である赤字アの足利公方…
コメント:0

続きを読むread more

奈良散歩 その25 興福寺国宝館Ⅱ

 次に、7国宝の木造千手観音菩薩立像(旧食堂の本尊)である。  鎌倉初期の南都復興の最後を飾る木彫の巨像で、明治初年まで興福寺食堂の本尊であったが、現在は新収蔵庫の中央に安置されている。5メートル20cmの巨体が堂々と立つ姿は壮観で、その作風は南都復興時に活躍した慶派の様式が顕著である。 なお像内には奈良時代の小金銅仏をはじめ鎌倉造像…
コメント:0

続きを読むread more