父と子のアラスカ 星野道夫 ワタリガラスの神話

父と子のアラスカ 星野道夫 ワタリガラスの神話   https://www.youtube.com/embed/pvKKMQeC0yE星野道夫インタビュー(「City Voice 市川の街から No.17」1995.春号) 星野さんの子供の頃のことから話していただけますか?生まれたのはJR本八幡駅のすぐ近くなんです。駅の構内放送が聞こ…
コメント:0

続きを読むread more

ロシアのアネクドート傑作集から その5 アラカルト 

ロシアのアネクドート傑作集から その5 アラカルト  その1 中国人がモスクワから戻りました。 「それで、モスクワはどうだった?」 「いやぁ~、ホントにいい所だよ。 人は少ないし、地下鉄も半分(中国の)しか乗ってこないよ・・・」 その2 「車はまだか? 飛行機に遅れるじゃないか!」 タクシ…
コメント:0

続きを読むread more

金沢紀行 その16 小立野台地を散策 

昼食後は、犀川と浅野川に挟まれた小立野台地を散策する。 小立野台地は金沢城の搦め手(裏又は背後)にあたり、上級武士の屋敷があった場所である。  上図の①~⑤を中心にこれから小立野台地を散策するが、この道は金沢城築城の際に戸室山から切り出した石を運んだ石曳の道である。  まず、①の八坂へ行き、坂の下まで歩いてみた。  そこから…
コメント:0

続きを読むread more

探検家の歴史 第4部 その5 近藤重蔵(探検家として人間として、尋常でないレベルに達した人)

 近藤重蔵(1771年〜1829年7月16日))は、江戸時代後期の幕臣で探検家である。間宮林蔵、平山行蔵と共に文政の三蔵と呼ばれている。  1771年に身分の低い貧しい武士である御先手組与力・近藤右膳守知の三男として江戸駒込に生まれ、山本北山に儒学を師事した。  幼少の頃から神童と言われ、8歳で四書五経を諳んじ1…
コメント:0

続きを読むread more