甲州街道と佐久平みち プロローグ


2019年夏の旅は、「甲州街道と佐久平みち」の旅である。


去年(20188月末)に旅した鳥取県(因幡国・伯耆国)への旅は、日本最高気温の記録塗り替えとこれも記録破りの台風が頻発する合間を縫っての盛夏に挙行した、終わってみれば「奇跡のような旅」となった。


今年は去年のようなことはないように祈りながら、夏の旅の計画を作成した。


計画の概要を説明すると、まず武田信玄の故郷である甲府の地を訪ね、彼に関係する旧跡や史跡等を見学し、甲府からは甲州街道をレンタカーで走って松本まで行く。


松本では松本城を中心に見学し、その後の長野県の旅は司馬遼太郎の「街道をゆく 佐久平みち」を参考にして旅をするのである。

1
2





具体的には、727日から83日までの旅の計画を、上記のように作成した。


しかし、またもや旅の直前に、問題の台風が発生したのである。

3



日本を目掛け北上していた熱帯低気圧が台風6号となり、旅行先の山梨県や長野県に深刻な影響を与える進路予報となったのである。

4



当初は富士山の山麓を一日かけてドライブする計画まで立てていたので、実はとてもがっかりしてしまった。


富士山に行く日は、台風がこのあたりを通過する予報となってしまった。


台風の影響が収まるのは週明けの月曜日からという天気予報なので、今回は天気予報を全面的に信頼して、旅行期間を2日短縮し、天気が回復して夏空が広がると予報されている週明けの月曜日からの旅に変更した。

5
6





旅は何といっても天気が一番なので、どんな充実した計画を立てても天気にはかなわないのである。


今回は素直に、天気の命ずるままに旅をすることにした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント