茶の本 第四章 茶室 その1 茶室は芸術作品

石造や煉瓦れんが造り建築の伝統によって育てられた欧州建築家の目には、木材や竹を用いるわが日本式建築法は建築としての部類に入れる価値はほとんどないように思われる。

ある相当立派な西洋建築の研究家がわが国の大社寺の実に完備していることを認め、これを称揚したのは全くほんの最近のことである。

わが国で一流の建築についてこういう事情であるから、西洋とは全く趣を異にする茶室の微妙な美しさ、その建築の原理および装飾が門外漢に充分にわかろうとはまず予期できないことである。


bg_tea_ceremony

 茶室(数寄屋)は単なる小家で、それ以外のものをてらうものではない、いわゆる茅屋に過ぎない。

数寄屋の原義は「好き家」である。

後になっていろいろな宗匠が茶室に対するそれぞれの考えに従っていろいろな漢字を置き換えた、そして数寄屋という語は「空家」または「数奇家」の意味にもなる。

それは詩趣を宿すための仮りの住み家であるからには「好き家」である。

さしあたって、ある美的必要を満たすためにおく物のほかは、いっさいの装飾を欠くからには「空家」である。

それは「不完全崇拝」にささげられ、故意に何かを仕上げずにおいて、想像の働きにこれを完成させるからには「数奇家」である。

茶道の理想は十六世紀以来わが建築術に非常な影響を及ぼしたので、今日、日本の普通の家屋の内部はその装飾の配合が極端に簡素なため、外国人にはほとんど没趣味なものに見える。


DxqFqk2U8AI0ygc

 始めて独立した茶室を建てたのは千宗易、すなわち後に利休という名で普通に知られている大宗匠で、彼は十六世紀太閤秀吉の愛顧をこうむり、茶の湯の儀式を定めてこれを完成の域に達せしめた。

茶室の広さはその以前に十五世紀の有名な宗匠紹鴎によって定められていた。

初期の茶室はただ普通の客間の一部分を茶の会のために屏風で仕切ったものであった。

その仕切った部分は「かこい」と呼ばれた。

その名は、家の中に作られていて独立した建物ではない茶室へ今もなお用いられている。

数寄屋は、「グレイスの神よりは多く、ミューズの神よりは少ない。」という句を思い出させるような五人しかはいれないしくみの茶室本部と、茶器を持ち込む前に洗ってそろえておく控えの間(水屋)と、客が茶室へはいれと呼ばれるまで待っている玄関(待合)と、待合と茶室を連絡している庭の小道(露地)とから成っている。


CFAAC3CF1

 茶室は見たところなんの印象も与えない。

それは日本のいちばん狭い家よりも狭い。

それにその建築に用いられている材料は、清貧を思わせるようにできている。

しかしこれはすべて深遠な芸術的思慮の結果であって、細部に至るまで、立派な宮殿寺院を建てるに費やす以上の周到な注意をもって細工が施されているということを忘れてはならない。

よい茶室は普通の邸宅以上に費用がかかる、というのはその細工はもちろんその材料の選択に多大の注意と綿密を要するから。

実際茶人に用いられる大工は、職人の中でも特殊な、非常に立派な部類を成している。

彼らの仕事は漆器家具匠の仕事にも劣らぬ精巧なものであるから。

 茶室はただに西洋のいずれの建築物とも異なるのみならず、日本そのものの古代建築とも著しい対照をなしている。


 わが国古代の立派な建築物は宗教に関係あるものもないものも、その大きさだけから言っても侮りがたいものであった。

数世紀の間不幸な火災を免れて来たわずかの建築物は、今なおその装飾の壮大華麗によって、人に畏敬いけいの念をおこさせる力がある。

直径二尺から三尺、高さ三十尺から四十尺の巨柱は、複雑な腕木の網状細工によって、斜めの瓦屋根かわらやねの重みにうなっている巨大な梁をささえていた。

建築の材料や方法は、火に対しては弱いけれども地震には強いということがわかった。

そしてわが国の気候によく適していた。


main-img[1]

 法隆寺の金堂や薬師寺の塔は木造建築の耐久性を示す注目すべき実例である。

これらの建物は十二世紀の間事実上そのまま保全せられていた。

古い宮殿や寺の内部は惜しげもなく装飾を施されていた。

十世紀にできた宇治の鳳凰堂には今もなお昔の壁画彫刻の遺物はもとより、丹精をこらした天蓋、金を蒔鏡や真珠をちりばめた廟蓋を見ることができる。

後になって、日光や京都二条の城においては、アラビア式またはムーア式華麗をつくした力作にも等しいような色彩の美や精巧をきわめたたくさんの装飾のために、建築構造の美が犠牲にせられているのを見る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント