2021年4月3日 関川村初釣行 NO3 35cmの尺岩魚ゲット!!

 そして、またまた平成31年に最長39cmを釣り上げたC沢への出陣である。
 アイテムはあの時のままである。
画像1
 これが、尺岩魚取り込み用のタモ網(玉網)で、網の最横長45cm、写真の網の長さ130cm(最長180cmまで伸びる)の手作りで、沢の水面にいる岩魚も沢の岸上からゲットすることができる優れものである。
画像2
 針はアマゴ半スレヒネリ8号でハリスは0.6号、糸は渓匠0.8号である。
画像3
 エサは岩魚釣りの時にはいつも使用する「ミミズちゃん熊太郎太虫」である。
 それでは、いざC沢の奥深くへ突入である。
 C沢は何回も書いているが、15年以上の釣行の間にたった1回出会った二人組の釣り人が「ここの岩魚は40cmクラスが普通で、釣り師の釣った30cm台の岩魚はここでは小物だ。」と言っていた沢である。
画像4
 その40cmクラスにはまだ一度も会ってないが、平成31年には自身の最長記録となった39cmに出会っている。
 青い「遊漁のしおり」が16cm、たも網の横幅が45cm、細身の尺岩魚とは言え、メージャーでしっかり確認した「正真正銘の39cmジャストの尺岩魚」だった。
 この尺岩魚は、弱らないうちに、「蒙古のものは蒙古へ、C沢のものはC沢へ」の心境でC沢にリリースした。
画像5
 平成31年4月の夢を再び追って、C沢の奥深くへやってきた。
 いつもの年はこの辺りはまだまだ残雪が残っていて、残雪を踏みながらの釣行となるのだが、今年はどこでも春の訪れが早く、雪は全く残っていない。
画像6
 ここで22cmの岩魚が1匹出た。
 フキノトウも大きくなりすぎて、適当なサイズのものが見当たらなかったが、山側の日陰に大きくて食べごろのフキノトウが出ていたので、それを10個ほど釣りベストのポケットに入れた。
画像7
 沢を下がってこの場所で、大物の岩魚と遭遇した。
 とても沢の岸からは上げられないと思ったので、棹に掛かった岩魚を逃げないように上手に扱いながら、左手にみえる淵上に降りて、そこから大物岩魚を捕獲する作戦に出た。
 ところが大物岩魚はいっこうに構えている網に近づかず、焦っている間に大物岩魚は淵の中の朽ち木の中に入ってしまった。
 もう引き出すことも出来ず、網を中に入れて強引に取り込もうとしたところ、網の先端部分を縛っているロープがほどけて、網がバラバラになった。
 こうなってはどうにもならない、糸を切って取り込みを終了したが、この岩魚は40cmを軽く越えていたと思う。
画像8
 次に、すぐ近くのこの淵で、また大物岩魚が掛かった。
 この時も、大物岩魚とのやり取りから、沢岸から網ですくえるサイズではないと感じたので、黄☆地点まで河岸から2m程降りて、ここで大物岩魚とのやり取りを再開した。
画像9
 先ほど取り込みに失敗したので、今回は慎重に黄←の方向に走って沈んでいる枯れ枝の裏に隠れようとする大物岩魚とのやり取りを数分ほど行った。
画像10
 全身に汗をかきながら、ようやくにして大物岩魚を網の中に入れ、岸上に上げた。
画像11
 もう少し大きいかなと思ったが、サイズを測ると35cmジャストだった。
 弱らないうちに、今回も「蒙古のものは蒙古へ、C沢のものはC沢へ」の心境でC沢にリリースした。
画像12
 ここからは2匹の飛び跳ねた兎の残雪が残る霊峰光兎山が実に綺麗に見えた。
 コンビニのおつりの198円を賽銭にしたが、財布にあった500円玉にすれば40cmオーバーをゲットできたかもしれないと思ったが、もう後の祭りである!(^^)!。
 今年最初の釣行は、霊峰光兎山の御利益により、大満足の結果となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント