釣り師ジュンチャンと世界を巡る 第31回はポーランド、遊んでください。( ^)o(^ )

 ポーランドは「最も美しいものと最も悲惨なもの」が同居するイメージ。
画像1.jpg

 最も美しいものはショパンなどに代表される優れた芸術家達の存在。
 最も悲惨なものはアウシュビッツ強制絶滅収容所を歴史の中で持ったこと。
 ポーランドはポルスカが正式名称で、この意味はポーレ人の国。
画像2.jpg

 ポーレは古スラブ語で平原を意味し、この広大な平原が、この国の悲劇の源となる。
 この西スラブ族の国はスラブ(奴隷)の意味そのままに他国の支配を受け、1千万規模の流浪者を出した。
 ゲルマン民族のナチスドイツは僅か3週間でポーランドを滅ぼし、その国の中にアウシュビッツを建設し、毎日数千人のユダヤ人を殺し、その総計は150万人を超えた。
画像3.jpg

 最も美しいものたちの中でショパンが、自身でも「これ以上きれいな旋律を作ったことがない」と語ったあの名曲中の名曲、「別れの曲」、正式名が「練習曲作品10-3ほ長調」が釣り師は大好きです。
画像4.jpg

 この曲は朝倉卓也の「4日間の奇跡」の中で使われ、オムライスを好物とするする奇跡の少女「千織」とともにポーランドの印象さえも、「別れの曲」程度に、格調高く格上げしてしまう。

 皆さんはポーランドと聞いて、何を思い、何処を旅してみたいですか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント