宮沢賢治の詩 原体剣舞連(はらたいけんばいれん)

原体剣舞連(はらたいけんばいれん)            (mental sketch modified)  この詩は、賢治が1922年8月30日から31日にかけ種山ヶ原に地質調査に出かけたおり、下山途中で田原村原体(現・奥州市江刺区田原)で見た民俗芸能・原体剣舞を見たことが元になり、『春と修羅』に「原体剣舞連(はらたいけんばひれん…
コメント:0

続きを読むread more

天塩川の旅 その10 『北海道命名の地』に立つ!!

 北海道命名の地があると聞いて、「美深森林公園びぶかアイランド」を後にし、国道40号線を北上する。  音威子府市街を過ぎ、国道40号線を約7km北上し、国道左カーブ手前 から右折する。  そこには案内看板が立っているのだが、よほど注意してないと行き過ぎてしまう。  案内看板に従い国道を右折し、未舗装の砂利道をゆっくり…
コメント:0

続きを読むread more

「鎌倉ものがたりと横須賀ストーリー」 その44 横須賀の夜は中央酒場で 

 夕食後、「酒場放浪記」では無いが、近くの中央酒場で横須賀の夜を楽しんだ。 中央酒場のような大衆酒場が横須賀中央駅近くから入った横道には3軒ほど軒を連ねていて、足の向くままこの中央酒場に入った。 ここで、ホッピーを飲みながらアジ刺しを食べ、横須賀の夜を楽しんだ。  僕の席の横で同じようにホッピーを飲…
コメント:0

続きを読むread more

奈良散歩 その52 法華寺 

 平城京跡を出て、次に佐保路(東大寺転害門から西に延びている、平安京の南一条大路から法華寺まで)にある法華寺、海龍王寺、不退寺を見ることにした。 まず、平城京跡から10分程の法華寺に向かった。 法華寺は大和三門跡に数えられる品格ある尼寺で、もと藤原不比等の住居であったものを、光明皇后が総国分尼寺として建立した。 法華滅罪の寺と称し、七堂…
コメント:0

続きを読むread more

「オホーツク街道」の旅 その5 気分だけは最高潮のまま、今回のイトウ釣りの全日程を終える

 猿払川のセカンドステージは新猿払橋の下(2の場所)である。  この川を熟知していて年間50匹以上のイトウを釣り上げる地元釣り師とは違って、僕はこの川を何も知らないのである。  今日初めてこの川に会って、今日初めてキャストするのである。  ただ、出会い頭の偶然ということも世の中には有りうる事で、石狩川で58cmの虹鱒に出会った時のこ…
コメント:0

続きを読むread more