岡倉天心の「茶の本」 第四章 茶室 その2 茶室は簡素で清浄

茶室の簡素清浄は禅院の競いからおこったものである。 禅院は他の宗派のものと異なってただ僧の住所として作られている。 その会堂は礼拝巡礼の場所ではなくて、禅修行者が会合して討論し黙想する道場である。 その室は、中央の壁の凹所、仏壇の後ろに禅宗の開祖菩提達磨の像か、または祖師迦葉と阿難陀をしたがえた釈迦牟尼の像があるのを除いてはな…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その35  五個荘散策の始まり 

昼食を食べ終えると、急いでバスに乗り、近江八幡駅まで向かった。 ここから近江鉄道八日市線で八日市に行き、八日市からこの近江鉄道バスで五個荘町まで行き、ぷらざ三方よしというバス停で降車した。 1時間ほどもかかって、近江商人の故郷として名高い、陸の孤島のような目的地の五個荘に到着したのであるが、後で別ルートがあることを知ってがっ…
コメント:0

続きを読むread more

オールイン遊び プロローグ

 4月にオールインハウスのある済州島(耽羅国)へ遊びに行こうと考えている。  2012年秋の「韓のくに紀行」の時に、ハングルで書かれた文字がロシア語かモンゴル語程度にしか思えず、つまり「何がなんだか、僕わかんなーい」という程度だったので、意味はともかくとして読めるだけは読めるようになりたいと考えた。               …
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その4 日本出国まで

 スカイライナーが成田空港地下駅に到着すると、そこからもう外国旅行の始まりである。 改札を出たところに「セキュリティエリア」と呼ばれる空港の検問所があり、パスポートの提示を求められた。 エレベーターで一気に集合場所の空港第一旅客ターミナル4階まで上がった。 集合時間は午前7時45分となっていたので、集合時間まで20分以上の余裕を持って集…
コメント:0

続きを読むread more

石川啄木と函館 その2 立待岬で眠る啄木

 函館西端から函館山のすそ野を横切り、函館山の南東に位置する石川啄木ゆかりの立待岬まで行った。 立待岬は、北海道函館市住吉町にある、津軽海峡に面した岬である。 津軽海峡につきでた断崖上にあるため展望が良く、天気の良い日には下北半島を望むことができ、付近には与謝野鉄幹・晶子の歌碑も設置され、函館有数の観光スポットとなっている。 ここは公園…
コメント:0

続きを読むread more