五浦釣人 平櫛田中作品

 これは五浦(茨城県北茨城市)の海岸で、釣りにでかける岡倉天心を撮影した写真をもとに制作したものです。 天心は五浦で、日本画の下村観山・横山大観・菱田春草・木村武山などを指導する一方、思索にふけったり、暇をみては釣りを楽しんでいました。  僧衣にも似た広い袖の着物の上に大きな毛皮をはおり、素足にわらじを履き、支那帽をかぶっている天…
コメント:0

続きを読むread more

2021年4月24日 コゴミの季節 その3 カラキ沢でコゴミ採り

 中束集落から次に千刈集落に向かった。 釣り師は千刈集落のこのあたりの風景が大好きである。 ここへ来るといつも、有村架純を主人公にした平成29年度前期のNHK朝ドラ「ひよっこ」を思い出してしまう。 みね子の実家という設定の、「朝ドラの中の茨城県の山あいの村である奥茨城村」の風景が、千刈集落のここの風景と実によく似ているのである。 しばら…
コメント:0

続きを読むread more

近江街道をゆく その39 迷いながらも、紫香楽宮跡を訪ねる

旅も8日目となった。 今日はレンタカーで、伊賀・信楽・甲賀を巡り、古代朝鮮との交流の跡である鬼室集斯の墓や安土城跡など、「司馬遼太郎の街道をゆく」の名場面を訪ねながら旅する予定だった。 かなりなハードワークを予想して、ホテルで朝食を済ますと午前7時半頃にはホテルを出た。 しかし、最初目指した信楽方面へは高速道を使わないで一…
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その8 耽羅王国の発祥の地「三姓穴」から見学スタート

 昼食も済み、これから最初の見学となるが、見学順はヤンギョンシンガイドが組み立てた順番で進行して行った。  旧済州市地図で説明すると、まず赤字1の三姓穴を見学、次に赤字2の済州道民俗自然史博物館、それから赤字3の東門市場、最後に赤字4の龍頭岩を見て見学日程は終了。 今日明日と2日間連泊するラマダプラザ済州は赤星印の位置にある。  それで…
コメント:0

続きを読むread more

石川啄木と函館 その4 「友の恋歌矢ぐるまの花」の青柳町を散策Ⅰ

 翌日の平成26年(2014年)6月25日も、良く晴れて暑い一日となった。 午前中「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」で有名な青柳町を散策した。 グルメの街である函館でいろいろ間食し過ぎ、それがたたったのか食欲なしで、朝飯抜きでのスタートとなった。 ホテルから5分程歩き、宝来町で電車に乗り、ひと駅先の青柳町に降車した。…
コメント:0

続きを読むread more