ジュンチャンと世界を巡る 第36回はルーマニア

 今回は、ブルガリアとハンガリーも、ルーマニアと一緒に旅します。  この国々も、ルーマニアと国の成立が似ていて、興味深い国々です。  ヨーロッパは、アジア人種であるフン族の民族大移動により、ゲルマン民族が西方へ追いやられ、ヨーロッパ諸国の原型の国々を形作って行ったという経緯があります。(この民族大移動で、原住民のケルト民族はアイ…
コメント:0

続きを読むread more

「播磨と淡路のみち」 その6 雲海の中の竹田城は見たかったが・・

花屋敷から南千畳へ向かう道の途中では、曲輪が段をなして続いていて迫力のある石垣が見られる。 ここの石垣は阪神淡路大震災でも被害がほとんど無かったという。 ところが、別の理由で黄四角の部分を修理することとなった。 その理由は観光客の増加である。 雲海の中の竹田城の写真が出る前までは、ここの観光客は毎年1万人程度だったのだが…
コメント:0

続きを読むread more

奈良散歩 その63 聖徳太子 

 法隆寺のある斑鳩の地は、生駒山地の南端近くに位置し、大和川を通じて大和国と河内国とを結ぶ交通の要衝であった。 付近には藤ノ木古墳を始めとする多くの古墳や古墳時代の遺跡が存在し、この地が古くから一つの文化圏を形成していたことをうかがわせる。 日本書紀によれば、聖徳太子(用明天皇の皇子の厩戸皇子)は601年、飛鳥からこの地に移ることを決意…
コメント:0

続きを読むread more