越前と若狭の旅 その38 北国街道(東近江路)をゆく

これから「北国街道」をゆく。 北国街道とは、奈良や京都の都から北陸地方へ延びていた旧街道で、7世紀半ば(飛鳥時代)に築かれた渟足柵(現在の新潟市沼垂付近)がこの道の終着地点となっていたというが、後に鼠ヶ関まで延伸された。 僕がこれから駆け抜ける北国街道は今庄宿〜木之本宿~鳥居本宿と繋ぐ街道で、京都~海津〜敦賀と繋ぐ琵琶湖西岸を走る西…
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道と佐久平みち その10 信玄堤を見る

 県立美術館の職員から場所を聞いて、楽しみにしていた信玄堤に向かった。信玄堤は山梨県甲斐市竜王にある堤防で、武田信玄により築かれたとされている。  堤防の位置は信玄橋の下流のピンク色で囲まれた地帯だと教えてもらったが、いくら探してもそんなものはなく、消防訓練の一団が車でやって来て、駐車しているレンタカーが訓練の邪魔になると…
コメント:0

続きを読むread more