金縷(きんる)の衣 杜秋娘

金陵(南京)の街に年若き人気妓女がいた。名を「杜秋娘」(としゅうじょう)と言う。唐の徳宗のときの地方官吏、「李錡」(りき・浙西観察諸道塩鉄転運使)は杜秋娘に惚れて愛妾にした。杜秋娘はそのときまだ15歳だった。揚子江の金陵あたりの流れは清く、そこで生まれた女性は容色が優れているといわれ、その中でも杜秋娘は格別で、紅おしろいの化粧も必要ない…
コメント:0

続きを読むread more

越前と若狭の旅 その39 賤ヶ岳古戦場から塩津まで

木之本から賤ヶ岳古戦場を目指した。 ここで行われた賤ヶ岳の戦いは、1583年に賤ヶ岳付近で行われた羽柴秀吉と織田家最古参の重臣柴田勝家との戦いである。 秀吉はこの戦いに勝利することによって、亡き織田信長が築き上げた権力と体制の正統な継承者となったのである。 賤ヶ岳合戦跡は余呉湖の周辺に沢山あり、今回の旅の目的には入…
コメント:0

続きを読むread more

探険家の歴史 第2部 長江の旅 プロローグ

 今から800万年ほど前、地球の地殻変動が激しくなり、エチオピアからタンザニアまで走っている、世界最大の大地溝帯(グレート・リフト・バレー)が生まれた。  大地溝帯の東側は上昇、西側は沈下して巨大な壁が出来た。西側から吹いてくる湿った風がもたらす雨は、壁を乗り越えられず、全部西側に雨をもたらした。すると東側のケニア…
コメント:0

続きを読むread more