「オホーツク街道」の旅 その9 稚内市開基100年記念塔から稚内市を眺望する。

 明治12年7月1日、現宗谷に宗谷村を開村したのが稚内市の開基となる。

 昭和24年に北海道で14番目の市政がひかれ、昭和53年7月1日をもって開基100年・市政施行30年を迎えた。

 稚内公園の海抜170mの丘に、80mの開基100年記念塔を建設し、その1・2階を北方記念館として開館。

 その100年記念塔に向かった。

イメージ 1


 80m(海抜250m)の塔の70m(海抜240m)の位置に展望室がある。

 晴れた日には「北」は望郷サハリンの島影、「南」は広大なサロベツ原野、「東」は茫洋たるオホーツク、「西」は秀峰利尻富士、華麗な花の浮き島礼文島など360度(東西南北)の大パノラマでの展望を楽しめる。早速展望室へ上がって見た。

イメージ 2


 先程まで居た稚内港の北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)が眼下に望める。

イメージ 3


 稚内港を取り巻くように形成されている稚内市を上から見るとこんなである。

イメージ 4


 西の方の風景はこんなである。遠方に利尻富士が見える。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント