菱田春草、《落葉》《黒き猫》

 菱田春草は明治7年、飯田・仲之町の生まれです。東京美術学校で絵画の諸技法を学び、明治31年には岡倉天心の指導下で創立された日本美術院に参加しました。そして同院にて没線主彩の絵画技法の研究に取り組みますが、画面が暗濁化する傾向をともなうこの技法は「朦朧体(もうろうたい)」と呼ばれて批判を受けました。  明治36年、春草は天心の…
コメント:0

続きを読むread more

能登(日本道)への道 その14 弁天崎源泉公園から総湯に

 昼食後、1時間半ほど和倉温泉を散策した。  まず、弁天崎源泉公園を見て、それから総湯に行き、湯本の広場を見たあとに、渡月庵を見ながら渡月橋を渡った。  ここから少し歩いて少比古那神社に参拝し、また少し歩いて靑林寺を訪ねた。  では、弁天崎源泉公園から和倉温泉散策を始める。  この公園は温泉街のほぼ中央に位置し、…
コメント:0

続きを読むread more

耽羅紀行(済州島の旅) その32 柱状節理帯を見学

 大浦海岸は雄大である。  僕等ツアー客はヤンガイドに遅れないようについて行きながら、記念写真の撮影に夢中である。  ヤンガイドはこの場で柱状節理帯の説明をしていく。  この海岸に溶岩が流れ込み、そして冷却されて柱状に形作られ、やがて溶岩石群は風化によって原型を変えていく…
コメント:0

続きを読むread more

最上川と「おくのほそ道」の旅 その10 山寺に登る

大石田を後に、次の目的地である山寺へ向かう。   午前10時22分に黄星印の山寺を出て、村山市、東根市、天童市を通過し、午前11時38分に黄矢印の山形市の山寺に到着した。  山寺は通称で、寺号は宝珠山阿所川院立石寺立石寺といい、本尊は薬師如来である。古来から悪縁切り寺として信仰を集め、平泉中尊寺・毛越寺、松島瑞巌寺とともに「四…
コメント:0

続きを読むread more