「阿房劫火」 木村 武山 

 明治9年~昭和17年(1876~1942)茨城県笠間市に生まれる。本名 信太郎。
 明治23年(1890)上京し川端玉章に師事する。翌年東京美術学校に入学、29年卒業し、同校研究科で学ぶ。
 31年天心の率いる日本美術院に副員として参加する。
 39年日本美術院第一部(絵画)の五浦移転に際し、一家を伴い移住し、制作に励む。




イメージ 1



                     代表作の「阿房劫火」



 代表作の「阿房劫火」は五浦で制作した。

 大正3年(1914)大観らと日本美術院を再興する。

 初期は歴史画、次第に花鳥画、仏画を多く描いた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント